*山下清原画展*

 11, 2009 15:23

山下清の原画展に

行ってきました~。

山下清の風貌や貼り絵やちぎり絵は

テレビなどでもよく目にするので

一般に芸術家と称される方の中では

親しみやすい作家だよね~

会場も教育現場の会場や

文化センターとか

町の集会所のような場でも原画を貸し出されるためか

敷居が低いので

足を運びやすいのも一役買っているような~

山下清~放浪の旅をしながら

貼り絵をしているので

季節を感じながら身近な物を描いている~

庭に咲いているような松葉ボタンや畑の野菜を

題材にしてるけれど

ほとんどの作品に

虫や蝶などを一緒に描いている~

ひとつ(ひとり)ではないよ~と言っているような

気がする~

道路を歩いて彷徨うと

分岐が多くて迷うから

線路伝いに歩いたそうだ~

駅に着くとそこが宿になる~

現代の人ではちょっと考えられない生活~

この彷徨うことも

施設の園長先生からお咎めをいただいて

反省文らしき記を綴っています~

「ルンペンのようにふらふらふらしているのは

病気かくせか分からないけれど

止めようとしても止められなくて・・・

園長先生はくせは直そうとすれば直るというので

直そうとするけれど

直らなかったら病気と思ってください」

このような内容だったけれど~

読みながら笑っちゃいました~

清の心情や性格がよく出ていますよね~

原画展には原画の他に

こういった日記の中の文も展示されていました~

この時代のせいなのか清の人柄なのか~

ほのぼのした気持ちで会場内を回りました~






*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?