*言い方~*

 04, 2009 23:41

組みひもに挑戦しようとしているMさん~

どんな色の組み合わせがいいのかなと

迷いに迷ってる~

「どんな色がいいかな~」

と言うので周りの人たちと一緒に

「この色もいいね~」

とおしゃべりしながら色合いを見たり~

でもなかなか決められないので

「いっち番好きな色というか~この色は絶対入れたいっていうのを

まずひとつ決めようよ~」

「そうだね~じゃこのピンクにしようかな~でも

この色も捨てがたいね~」

ってわいわいと会話を続けてた~


職員のひとりが傍を通ったのでMさんは

その職員に声をかけたんだよね~

「何色がいいかな~?」

と~

返ってきた言葉は~

「どれが良いかななんて言ってないで

自分で決める~

基になる色をまず選んで~

って大声でぴしゃり



いいじゃないね~楽しく色を選んだって~

組みひも教室に来てるわけじゃないんだから~

時間制限されてるわけでなく

片手でリハビリのためにするんだから~

もっと優しく~いえいえ優しくなくても普通に言えばいいのにね~

そしたらみんなが

シュンとならずに

小声で

「怖かったね~」

なんて言わなくても良かったのにね~


言い方ひとつで

言葉が突き刺さる~←反面教師~気をつけよう~







*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**


スポンサーサイト

*どくだみ*

 05, 2009 16:08

病棟の裏の細い路地を通ると

手入れをしていないお花に出会える~

ずいぶん前はお花の好きなドクターが

時間を見つけて花壇を作っていたんだよね~

車椅子の君が入院していた時に

お花を摘み取って病室の窓から渡してくれたことも~

手入れをしていないのに~生命力の強い草花が

ちゃんと伸びてきてお花を咲かせてる~


草花に混じって~真っ白などくだみのお花が逞しく成長してた~

天使のように純白で~清楚で~物静かで~

日陰のお花たちを励ましているようで~・・・・・
       *黄色い所がお花なんだって~*

お花たちどころか人にも

すぐれた効果を持っているんだよね~








*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**




*医療行為~*

 12, 2009 22:45

 厚生労働省は10日、
特別養護老人ホーム(特養)での
看護職員と介護職員の連携に関する検討会を開き
医師法などにより介護職員に認められていない「たんの吸引」について
試験的に認めるモデル事業の導入を提案 了承された。
モデル事業は今夏にも100施設程度で実施する見通し。
その結果を分析し、今年度末までにガイドラインを策定、
来年度から全施設での解禁を目指す。

という~記事に対して

日本介護福祉士会は8割強の介護職員が喀痰吸引に「不安を感じている」
ことが明らかになった~

という調査結果を公表した~

喀痰吸引が必要な患者さんは

喀痰吸引が医療行為とされているので

施設に医療行為が出来る人材がいないと入所や通所も

出来ないのが現実~

施設に医療行為が出来る人がいたとしても

医療行為が必要な患者さん(利用者さん)が多いと

仕事量が多すぎてしまう~

認められていないけれど現実に看護職員がいるにもかかわらず

介護職員の約4割が

喀痰吸引を行ったことがあるという調査結果もでた~



患者さんが多くて手が回らないから

介護職員でも認めて欲しいと言う

現場の声が大きいような~

そして~患者さんからは家族でも出来るこの行為を

介護関係者が出来るようになれば施設に通所もできる~

という声も聞いたことがある~


どちらにしても人材不足の中から発案された件~

喀痰吸引は医療行為といっても

自宅療養している人は家族が喀痰吸引をするんだよね~

だから家族でも出来るのに~っていう感があるのかな~?

医療行為とされていることを人手不足という理由で

範囲を大きくすることは良いことなのか

もっと慎重にするべきことなのか分からないけれど~




喀痰吸引や

消化管に通したチューブに流動食を注入する経管栄養や

胃ろうの処置をしなければならない人たちも~

それを家族がしている行為には~

信頼という絆を強く感じる~


その行為が出来るのは

その知識や方法を習得してること~

プラス信頼できる人なのではと感じる~


忙しいから~吸引の行為だけこなす~

忙しいから~さっさと経管栄養の流す~

そんなんでは哀しすぎちゃう~

時間に追われていても

信頼されるように~

患者さんの痛みを感じられるように~

お顔を見て声掛けをしながら

介護をしてほしいなって~心から願います






*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**



*脳死は人の死*

 19, 2009 16:34
「脳死は人の死」とし

臓器提供の拡大をめざすA案が衆院通過しました。

現行法では

臓器提供される場合に限り「脳死を人の死」と定義されています。

「脳死は人の死」と考える前には

臓器提供という大きな問題があるわけで~

逆に言えば

臓器提供のために脳死は人の死と考えるということなんだよね~



臓器が動いていても~

脳死って告げられたらもう終わりなの?

今現在植物状態で

命ある限り生きようとしている。

精一杯生きている人の

今の人生を否定されちゃうってこと~?


移植を待って大きな病と闘っている人たちは

譲っていただける臓器があれば

もっともっと頑張って生きていける~


双方の当事者や家族でなければ理解できないことが多いこの事案~


人の命の贈り物は

簡単には決められません~


私は知っています~

生まれてすぐに大きな病になった子どものお母さん

入院治療をしていた時に

「こんな子生まれなければ良かった
看るのが大変~
助からなくてもいい~」

と言ったお母さん

そういうところに生まれた子どもが脳死状態になった時

臓器提供して感謝をされる立場になるんだよね~

生まれてすぐに育てられないと言って殺しちゃったというニュース

こういうケースでも臓器提供に結びつくことも在るんだよね~?

海外のように

臓器売買が怖い~

自分の子どもを死に追い込んで臓器を~なんて事件が

起きないように~


素朴な疑問ですが

臓器提供にはお金が動くのでしょうか?

犯罪を防ぐために臓器は無料で~

人の命をお金に変えてはいけません~


ちょっと脳死から離れましたが



ただ~今自分の家族が脳死と宣告されたとしても

すぐに受け入れることは不可能です~

温かい血の通った身体を前にして

いつもと同じようにただ眠っている姿なのに

死は到底受け入れられないです~


人の命に関する事案は

いいとか悪いとかだけで決められない~本当に難しいです。




*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**



*これからもよろしくね*

 24, 2009 08:38

交通事故で

身体が不自由になった◎子さん~

嫁いだばかりの娘さんがご近所に住んでいる~

初めてデイを訪れた日

嫁いだ娘さんご夫婦に介助されて

笑顔のないうつむいた表情の◎子さん~

デイに来たいという~外に出たいという想いは

これからの人生のスタート地点に立つことが出来たんだろうね~

手芸が好きだと言う◎子さん~

組みひもでストラップを作製しました~

初めての作品はもちろん娘さんにプレゼント~

「こんなお母さんになってしまったけれど
これからもよろしくね」

と震える字の一筆を添えて~







*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**



WHAT'S NEW?