*人の心にあたえるありがとう*

 30, 2013 22:08

車椅子の君が首の手術のあと
ベッドに寝ていて自分の足を触ってこれ何?と聞いた~
胸から下が麻痺して元に戻らなかった~
それ以来車椅子の足の生活になって・・・・・・・
それが中学生の時だった。
初めて行ったデイサービスで知り合ったずいぶん年上のおじさんおばさんたち~
いっぱい支えていただいて 楽しく過ごさせていただいた。
その中のあるおじさんには
いろいろな大切な心を教えていただいた~
そういう環境の中で車椅子の君が時間を過ごせることはとても大切なこと~
母の日が近いある日
車椅子の君の胸の安全ベルトに封筒が挟みこまれていた~
封筒の中には図書券が入っている。
ひとりでお買い物に行けない車椅子の君に変わって
おじさんが図書券を準備してくださって~
本が大好きなお母さんへ~いつもありがとうって渡したらいいよって~
その年の母の日は
言葉では言い尽くせないほどの
感激の「ありがとう」だった。
生きていく中で~人とのつながりの中で~
相手の心を動かし振動を与えていく~本当に大切なことをいっぱい教えていただいた。
そのおじさんは今はいない~
車椅子の君も私も 
おじさんから戴いたいっぱいの心を大きく育てながら散りばめていきたい~~


*~ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking     クリックしてね~^^*人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

WHAT'S NEW?