*うふふっ!*

** 優しい笑顔や 優しい言葉に 出会えたら~   心も優しくなれちゃうね   ・・・・・・          うふふっ~^^***

Take a look at this

*自立支援法~*

 23, 2008 11:11

自立支援~っていう言葉

どのような意味合いで感じ取れるんだろう~



障害者自立支援法が成立されたので

支援費が云々~~~って初めて耳にしたとき

障害者の人たちが

自立するために支援費が支給される制度なのかなって~勘違い~


確かに確かに~~

障害者の人たちが

自立するために支援を受ける~には違いなかった~

自立するために

自分にあった施設を選びなさい~

だけどその施設には

障害の区分に応じて利用出来る施設~日数も決められるんですよ~

施設を利用するには

利用料を1割支払いなさい~

利用した施設に支援費を支払います~

と~まぁ簡単に言えばこういうことなのかな~?



これに関する資料を読んでも

公文書の難解な単語が並んでいて

理解できない言葉が~


利用者は

ほんとうに理解して施設を利用しているのかなって

疑問に思うことも~



利用料もその人の所得等で一律ではないし~

その施設で利用料も違う~



自分にあった施設を自分で選んで支援を受けるんです~と

役所では応えられるけれど~

施設数に限りがあって

障害も多種多様~症状も其々違うのに~

自分にあった施設なんてあるのが不思議~



利用する人は少ない収入←失礼~多い収入の方もいらっしゃるけれど~

その中から利用料を支払って~

満足のいく支援にありつけないことも多いのじゃないのかな~


それに利用させてもらっている~という遠慮がちな気持ちや

お世話になっているのに文句なんて言えないと

我慢をしながら利用している人もいるのが現実~

施設職員もその心に気が付かないことが多い~

看てやっているなんていう職員がいることも~


役所の方は

利用者が気持ちよく利用できるために

優しい施設作りや施設の指導も

しっかりしてほしいなぁって~思うんですけれど~








*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**

スポンサーサイト

COMMENT 2

Mon
2008.06.23
12:21

nana #-

URL

私自身初めてこの言葉を聞いたときは障害者に対しての支援がより濃く、あるいはきめ細かくなるものだと思いました。
ただその後の報道で障害者やその支援者たちが反対するのを聞き、何故?とさえ思いました。
なるほど言葉はいいですが支援する側の国にとって分のある法律のようです。
極論すれば”障害者突き放し法”です。
根底は後期高齢者~と一緒ですよね。
自己責任で行いなさい、国としては手厚いことはもうできません、と。
いろいろな施設がありますが個々の症状や状況に応じて通える範囲内にどれだけの施設が整備されているのでしょうか。
現状でも不備が言われている中、あまりにも冷たい言い方だと思います。

Edit | Reply | 
Mon
2008.06.23
21:11

ふふ(*'-'*) #TrE5O6vA

URL

nanaさん~+。(*′∇`)。+゜

nanaさん~言葉だけ聞くとなんだか喜んじゃいそうなのに~よくよく聞くと~ちょっとちょっとってことがあるんですよね~
この支援法も毎年ちょこちょこ変わって何が今施行されているのか理解できないことも~~
言葉では自分で選んで~なんて言うけれど~いざ決めると~いろんな制限があって希望通りにならないことも~。
利用料は確かに利用したら支払うのが当然って思うんですけれど~~そうだったらちゃんと納得いく利用のできる施設のあり方も考えてほしいなと~~

後期高齢者~もそうですよね~
そうならば高額医療費の適応金額を下げるとか高額に支払った高齢者の方の医療補助のあり方を考え直すべきだと思うんですよね~
それにまつわる付随することも見直さなければと思うのですけれど~。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?