*うふふっ!*

** 優しい笑顔や 優しい言葉に 出会えたら~   心も優しくなれちゃうね   ・・・・・・          うふふっ~^^***

Take a look at this

*医療行為~*

 12, 2009 22:45

 厚生労働省は10日、
特別養護老人ホーム(特養)での
看護職員と介護職員の連携に関する検討会を開き
医師法などにより介護職員に認められていない「たんの吸引」について
試験的に認めるモデル事業の導入を提案 了承された。
モデル事業は今夏にも100施設程度で実施する見通し。
その結果を分析し、今年度末までにガイドラインを策定、
来年度から全施設での解禁を目指す。

という~記事に対して

日本介護福祉士会は8割強の介護職員が喀痰吸引に「不安を感じている」
ことが明らかになった~

という調査結果を公表した~

喀痰吸引が必要な患者さんは

喀痰吸引が医療行為とされているので

施設に医療行為が出来る人材がいないと入所や通所も

出来ないのが現実~

施設に医療行為が出来る人がいたとしても

医療行為が必要な患者さん(利用者さん)が多いと

仕事量が多すぎてしまう~

認められていないけれど現実に看護職員がいるにもかかわらず

介護職員の約4割が

喀痰吸引を行ったことがあるという調査結果もでた~



患者さんが多くて手が回らないから

介護職員でも認めて欲しいと言う

現場の声が大きいような~

そして~患者さんからは家族でも出来るこの行為を

介護関係者が出来るようになれば施設に通所もできる~

という声も聞いたことがある~


どちらにしても人材不足の中から発案された件~

喀痰吸引は医療行為といっても

自宅療養している人は家族が喀痰吸引をするんだよね~

だから家族でも出来るのに~っていう感があるのかな~?

医療行為とされていることを人手不足という理由で

範囲を大きくすることは良いことなのか

もっと慎重にするべきことなのか分からないけれど~




喀痰吸引や

消化管に通したチューブに流動食を注入する経管栄養や

胃ろうの処置をしなければならない人たちも~

それを家族がしている行為には~

信頼という絆を強く感じる~


その行為が出来るのは

その知識や方法を習得してること~

プラス信頼できる人なのではと感じる~


忙しいから~吸引の行為だけこなす~

忙しいから~さっさと経管栄養の流す~

そんなんでは哀しすぎちゃう~

時間に追われていても

信頼されるように~

患者さんの痛みを感じられるように~

お顔を見て声掛けをしながら

介護をしてほしいなって~心から願います






*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**



スポンサーサイト

COMMENT 2

Sun
2009.06.14
21:17

ぷりん #oN65WMfk

URL

こんばんわ

この件で 私の友達の中に
ヘルパーの仕事をしてる人が数人いるんだけど
賛否両論です。
1人はもう辞めてしまいました。
施設の経営者の考え方もあるし・・・
利用者さん側の考えもあるし
難しい問題だね。。
ほんとに ふふ(*'-'*)さんの
願いが届くといいね。

Edit | Reply | 
Mon
2009.06.15
00:03

ふふ(*'-'*) #TrE5O6vA

URL

ぷりんちゃん~+。(*′∇`)。+゜

ぷりんちゃん~ヘルパーさんも大変よね~。
ご近所で訪問ヘルパーさんを頼んでいる独居老人の
お家があるんだけれど~
頑固で昔気質のおじいちゃんで~
足が弱いし耳も遠いし~介助が大変だなって思う~
ヘルパーさんってお仕事だからっていうだけでは出来ないよね~
相手の気持ちや生活やすべてを酌みとってあげないと
いけないでしょ~大変なお仕事だよね~。
またこの医療行為の問題も~
何も知らないのに~さあ~今日からって言うわけにはいかない問題で~これからそういう学習もしてから現場に~ってことになったり~現場で学習しながらってことになるんでしょうね~
お仕事範囲が広がって~大変ですよね~。
友人もヘルパーさんの資格を取ったのに~
実際に現場に出ると苦痛が多いと言い
資格を生かせないでお家にいます~^^;

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?